日本社会の疑問を考えるブログ

日本社会で生きづらさを感じるすべての人へ…

何でも東京に一極集中してるけど、本当にそれでいいの?

 東京への一極集中は弊害をもたらす。今回はこれを取り上げる。

なんでも集中してしまった今の東京

 政治行政の中枢や商工業の本社、金融などが東京に一極集中しており、結果人や求人も一極集中している。この原因は結果と同じである(スパイラル状態に陥っている)。政府が「金の卵」だと言って多くの中卒求職者を東京に移住させたことが原因である。そうなると求人やその元となる会社も東京に一極集中することになり、政治経済を司るためにはそれらを観察する必要があるので、これらも東京に集まる。結果人が集まって、その状況が加速してしまう。

一極集中の弊害

 まず、地方の過疎化が進むことである。単純に人がいなくだけだと思われるかもしれないが、問題はそこに住んでいる人たちである。ある非政府からこんなことを言われるかもしれない。
「住民減少にともない、全公共サービスを停止します」
まぁこうなってもそれに反発する日本人は少ないだろう。せいぜい皮肉的な意味の方の「プロ市民*1呼ばわりされるだけだろう。もともと税金は社会的弱者を救済したり、公共サービスを提供するための出資金のはずだが、それが機能しなくなるというわけだ。払うのは義務なのに、引き換えとなるサービスは受け取れないというよくわからないことになる。おそらくそれを国連が見たら人権問題として取り上げられるだろう。下手すると経済制裁まで及びますよ?まぁバカな日本人・政府のことだから「厳重に抗議」とか言うことしかできないんだろうけど。せいぜい国連脱退して痛い目にあってください。日本がそうなるのはとっても愉快な光景だから。
 次に、郊外にある有効な資材を活用できなくなる。公共サービス停止に伴い、そこまでの交通手段や通路がなくなるのだから。
 それともう一つ。地震*2とかミサイルが東京を直撃したらどうするの?完全に日本の機能がマヒするよ?まぁそんなことはないと考えているんだろうなぁ。単純に馬鹿なのか、臭い物に蓋をするというわけでシャットアウトしているだけなのか。こちらもせいぜい「その時」がくればいいか。面白いことになるから。

*1:本来は、意見を言って日本をよりよくする「プロフェッショナル」からきているのだが、目上に対し意見を言うことを犯罪行為と勘違いしている日本人は、彼らを「自己満足のためだけにたてつく迷惑野郎」という意味で呼んでいる。

*2:現時点では、都内直下型地震東京湾北部地震南海トラフ地震の可能性があげられる。