Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

「女装」のすゝめ

 日本ではマイノリティになることは危険であり、また彼らは厳罰に値すると考えられている。しかしその考えだけではいざマイノリティになった時対策ができなくなる。そこで、予行練習として「女装」をお勧めする。いつもは日本批判のこのブログがなんだかとんでもない方向へ向かおうとしているが、今回はネタ記事と思って暖かく見守ってほしい。

 

 

はじめに

 日本に生まれると、周りの様子やら目立たないようにしなさい、という教育のほか、目立つからいじめの対象になる、という趣旨の記事まで掲載されるほか、GMOの広告では、「あなたは世間からずれていませんか?」という、いかにも周りからずれた思考・行動をすることが悪であるかのように言われることから、ここ日本では目立つ≒他人と異なることをすることは非常に危険な行為で、また厳罰に値すると考えられている。しかし、他人と異なることを行うことは単純に少数派になるというだけでそれが違法だったり、道徳的に問題のある行為とは限らない(むしろ多数派が問題のある行為をしている場合も少なからずみられるのだが)。したがって、多数派を絶対と考えていては思考能力を失い、何が正しいのか判断できなくなる。また、仮に何らかの事故でマイノリティになってしまった場合、精神の安定を保つことも適切な行動選択をとることもできなくなり、結局自殺しか選択肢がなくなってしまう。*1そこで、もし何らかの形でマイノリティになってしまったときどう対応するか考えねばならない。同様に、自分の思想信条などの理由により自発的に多数派を離れるべきと考えたとき、落ち着いてうまく多数派を離れ、また離れた後も元居た多数派に対する適切な対応を考える必要がある。したがって、今のうちに簡単になることができ、また簡単にやめることができるマイノリティの体験をしておく必要がある。

 

マイノリティの体験としての「女装」

 そこで、私は「女装」をお勧めする。「男の娘」ブームに伴いある程度市民権を得てはいるが、自由に生きられなかった結果、洗脳されたのか、妬みがあるのか自由に生きることは危険と考える高年齢層を中心に偏見が残っている。また、いくら周りの権利を侵害せず、相手を中傷しない行動でなくても周りと違う行動は悪だと考える思考停止した愚か者どものせいでまだまだ普及には程遠い状況だ。したがって女装をするのは少数で、したがって勇気のいる行為である。そこで女装をすることで、マイノリティの体験が簡単にでき、いざマイノリティになろうとするとき、また実際にそうなってしまったときどのような思考をすればよいのか、周りにはどのように対応すればよいのかを考えることができる。一方で、十分に学んだと考えたら衣装などを捨てることで簡単にやめることができるためである。さらに、マイノリティを理解することもできる。普段マイノリティとされる人たちはどのように思考・行動しどのように生活しているのかを考えることができる。結果自分たちはマイノリティに対してどう接すればよいのか、彼らに対する合理的配慮はどうあるべきかを考えることができる。ここまでは一般的なマイノリティ体験の効能であるが、女装の場合、加えて女性を体験することができる。*2私の場合、男子は禁止されることが多い長髪がうらやましいと思っていたのだが、いざそうなってみると絡まるわ口に入るわで、意外と不便な面があることを認識でき、それを妬むということに関して疑問を持つようになった。

 

f:id:fuckjapaneseculture:20181223165203j:plain

私が女装したときの写真。なんで写っているのは下半身のみで、しかもスマートフォンの方にピントがあっているのだろう…。写真がこれしかなかったので、ご容赦願います。ちなみに、写真中のスマートフォンに表示されている、トップニュースはこちら。ところで、女装しながらBBC Newsを見たのは多分日本で私だけだろうな…。

 

日本人はしょせん弱虫だ

 一回女装して電車に乗ってみるとわかるが、堂々としていれば誰も話しかけてこないし、後ろ指をさしてくる人はいない。一方で周りにおびえていれば日本人は途端に攻撃的になる。後ろ指をさしてくることはもちろんのこと、写真を撮ってツイッターに投稿することもありうる。したがってとにかく堂々としておけばよい。そもそも弱虫日本人どもは集団に属して初めて陰口をたたくことしかできず、独りなら手元のスマートフォンに目を落とすことしかできないミジンコ以下の存在なのだから。あなたが犯罪行為や人の権利を侵害する行為、あるいは人を中傷する行為をしていなければあなたは何も悪くない。むしろ何も考えずにカルト宗教・「多数派教」の教義に洗脳され平然と中傷行為を働く日本人どもの方が悪いに決まっている。だから「後ろ指させるものならさしてみろザコ日本人どもw」と構えていればよい。日本人は恐れて寄ってこないから。

 

大切なのは一歩踏み出す勇気

 結局はこの見出しの通りである。マイノリティになることは危険だなんだと事実無根の言説が言いふらされてはいるが一番大変なのはマイノリティになる前の気分とそれを乗り切る勇気だけ。マイノリティになってしまえばあとはどうにでもなる。よくこれに挙げられる反論として、マイノリティになるとだれも責任を持ってくれないし不幸も自分で全て受け止めるしかない、というものがあるが、それは多数派にいても変わらない。多数派がいいよ、という者も自分の考えであり、それで他人が幸福になるか、という保証もしていないし、発言に全く責任を持っていない。もちろんマイノリティになるためや、その後の対応をするための能力も重要ではあるが、結局ろくに思考することもできない馬鹿どもだらけの多数派はもうごめんだ、こんなコミュニティさっさと抜けてしまおうと考えそれを実行することが一番重要だ。一応言っておくが、マイノリティだからと言って差別(多数派であることをいいことにしているレイシストどもは、これを制裁だとか区別だとかいうのだろうけど)に値する存在ではない。

 

ちょっと注意

より一般的に考えると

 これを読んで、「あれ?女装でなくてもいいんじゃね?」と思った人もいることだろう。そう考えたあなたは大正解。結局この記事で進めているのは「マイノリティ経験をすること」である(女装の場合、先述の通り、女性を部分的に体験することができる、というオプションがあるけれど)。つまり、手軽にできるマイノリティ経験として、

  • あまり人がやっていなくて
  • 手軽にできることで
  • 手軽にやめられることをする

 ことが条件として挙げられ、たまたまそこに女装が当てはまっただけである。

 

もう一つ。犯罪行為はご法度です

 マイノリティを体験することは重要だと述べたが、だからといって何でもしていいわけではない。女装の場合、そのまま女湯に入って盗撮するといった犯罪行為は絶対にしてはならない。あくまでやっていいのは、法律で定める犯罪行為に当たらず、人の権利を侵害せず、さらに人を中傷しないもののみだ。

*1:ここを「じゃあ努力して多数派に戻ればいいじゃん」という方に反論しておくが、事故による身体損傷など、努力ではどうにもならないことがあることに注意したい。

*2:生理・妊娠といった、身体面に直接かかわることは除く。