Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

ネット版ゴシップの論調

 ブラウザを開けば週刊誌電子版、まとめサイト、言論サイトといった様々な「ネット版ゴシップ」を見かける(特に日本版yahooで)。ここでは、こういった言説の特徴を述べていきたい。

 

 

 

韓国(たまに中国)叩き

 戦時中のことがあるのか、とにかく韓国を誹謗中傷する。戦時中あったことにせよ、今やっていることにせよ、自分のことは棚に上げて。*1批判しているかと思ったら根拠もなく、改善策も提起しないのでそうでもない。もう一度書くが批判として話したたず、ただの誹謗中傷の域を出ていない。そればかりでない。論点すり替えやこじつけを平気で行うのだ。前者としては、NEWSポストセブンのある記事であった、「TOEICの平均点は韓国が日本より高いが、研究力は日本の方が上だ」というものがある。「研究力」というのも何を基準にして語っているか、またいつまで上でいられるのか怪しい*2が、論点すり替えの話に戻そう。TOEICの平均点から考えられるReading,Listening能力*3や英語教育の先進性を言いたいのかと思ったらなぜか研究力の話に移った。そこには何のつながりもない。このように、なぜか異なる話題にシフトしているが、何のためだろうか。もしかして勝てるものがないから負け惜しみでもしているのだろうか。だとしたらダサい、ダサすぎる、ゴシップ頭。

 後者の例としては、以下のようなものがある。

f:id:fuckjapaneseculture:20190406132910j:plain

 みずほフィナンシャルグループ(TYO:8411およびNYSE:MFG)が9割の利益減に伴い赤字転落となった件であるが、これをなぜか韓国と結びつけ、生まれも育ちもれっきとした日本*4であるが、「韓国企業だから天罰が下った」などと無理やりこじつけるのである。他にも、ある芸能人がコカインを所持していたとして逮捕された件であるが、「コカインの吸入に韓国ウォン紙幣を用いていた。だから在日韓国人だ」などといい、韓国ウォン紙幣を使用したことの真偽や根拠も述べず、仮に使用したとしてそれと韓国人であることとの整合性を検証せずにこじつけている。このように、事実であることの検証なしもしくは無理やりでも結び付けられそうなものを見つけては韓国と無理やり関連させ、それらの関連性も検証せずに韓国のものといい、誹謗中傷の材料にするのである。こちらはさらに意図がわからない。悪いものは日本にはいません、すべて外がやったことです、という北朝鮮顔負けの洗脳のされっぷりの結果なのか、それともいつもは売国奴だと批判しておきながら実際は自分が日本のものを外国に売り渡す側だった、というオチなのか。

 

マイノリティ叩き

 主に障害者、貧困層生活保護受給者あたりに対する論調である。一見問題を提起しそれを多くの人に知ってもらい改善につながったら、という善意からと執筆者側は思っていそうであるが、まったく効果がないというか、むしろ叩き見下すだけで終わっている。問題提起はできるものの、せいぜい当事者の問題点を述べて、「解決は難しい」と締めて終わりか、その周りの「自称・善良な日本人」が感じる「苦悩」を建前にした差別意識を取り上げてそれを煽るものや、極端な例を挙げるがそれがレアケースであることを追記せず、あたかもそれが一般的であるかの如くミスリードさせるのである。

 具体例としては、生活保護の不正受給や多額にもらっている例が挙げられる。そもそも生活保護受給者自体が2%(受給資格者を母数としても20%)、支出額はGDPの0.5%に満たなず、さらにその中の前者は人数で考えても2%程度、合計金額で考えても0.5%以下にもかかわらず、*5そのレアケースばかりを取り上げようとする。*6他にも、「働かないのに月30万円もらって贅沢三昧」などとかなりのレアケース*7を取り上げて叩こうとするものがある。

 

奴隷根性の賛美

 これは、会社側に有利な論説のことを指す。一応会社側につくコンサルタント社会保険労務士といった者たちのポジショントークであるが、これも奴隷どものオナニーになる。具体的には、「イマドキの若者はなぜ定時に帰る」「イクメンは出世しない」「なぜ転勤を断る」という、会社からの理不尽に反発するものを非難する内容である。*8もともと契約外で、何のメリットもないから断っているだけだが、苦しいなら上に反発してそれを緩和させればいいものをなぜか同じ奴隷化、隠した(とみなすものに)責任転嫁してオナニーしてくる馬鹿な奴隷はこれを好き好んでみているようだ。そんなニーズがあるからこんな記事が出てくるのだろう。

 

おっさんのおっさんによるおっさんのためのゴシップだ

 まぁ、これらはどれも「おっさん」、すなわち大して実力も度胸もないから何も今の状況を改善しようと努力もできず、無茶な現状肯定と責任転嫁(弱いものいじめ含む)しかできず、年とプライドと妄想だけが無駄に大きくなった奴隷どもが主な読者なのだろう。それを理解しているのも同じことを考えている「おっさん」で、これらが傷のなめあいをしているというか、妄想オナニー大会絶賛開催中、というところなのだろう。まとめると、項目にもある通り、こういったゴシップは「おっさんのおっさんによるおっさんのための」メディアなのだろう。

*1:また、批判の根拠がそれ以上にありそうなアメリカはなぜか誹謗中傷しない。

*2:現在、韓国科学技術院(KAIST)が発表論文数では頭角を現しており、日本の研究力が高いといっていられなくなるのでは、ということ。

*3:総合的な英語能力を知りたいなら、TOEICは不向きである。TOEFL-iBT(ETS/iiBC)やIELTS(ブリティッシュ・カウンシル/日本英語検定協会)がよい。

*4:第一勧業銀行含む、日系の複数の銀行の合併による。

*5:生活保護は増えてないし、もっと大事なことは増えて何が悪い、ということ - 猿虎日記(さるとらにっき)

*6:勘違いしないでほしいが、不正受給を見逃せ、と主張しているのではない。

*7:これは、一等地に居住した片親家庭で、おまけに1級障害者手帳保有する子息が複数いる、というかなりのレアケースである。実際は1月10万円行くか行かないかである。

*8:たまに「課長島耕作」の作者が出てくる。まぁ、この漫画の主人公自体パワハラ上司なのだが。