Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

障害者の方がまともな就活をしている

 就職活動は様々なステップからなるが、なんだかどうでもいい夢やらやりがいやらを洗脳されたように語り、超人のようにふるまい、なんだかなんのために働くのかわからなくなっている人を多く見かける。そういう意味では障害者はそういったことをよく理解していると感じる。

 

 

自分にできること、できないことを理解している

 障害者向けの説明会では、よく出る質問として「自分はこれができないのだが、どうすればいいか」といった質問がよく出る。奴隷どもは大して努力もしない甘えと勘違いするだろうが、逆に言えばできることをきちんと認識しているのである。できることは全部からできないことを引けばわかるし、それがないならそもそも説明会なんか来ない。また、奴隷どもと違い、根性論は百害あって一利なしであることも理解している。得意なことは努力と感じずに自然に伸ばせる。逆に言えば、苦手なことを伸ばして平均まで伸ばそうとしても、それ自体苦しく時間がかかるもので、成果も芳しいものではない。つまり、根性自体そういった苦痛を与えるもので何の成果もないのである。

 

やりがいとかは何の役にも立たないことを理解している

f:id:fuckjapaneseculture:20190406172036p:plain

自称「健常者」(画像はイメージです)

 健常者とやらがたくさん来る説明会では、イケナイ薬でも服用したのか、目を輝かせてやりがいだの夢だの、そのためには超人にもなるし何もいらないと、とんでもないことを言い出すようになっている。しかし、障害者はそんなことは言わない。理由は簡単で、やりがいや夢など何の役にも立たないからだ。これらがあったとして苦手をすべて克服して超人になれるわけがないし、報酬がなくなったり、劣悪な労働環境になったりした場合でも生きれるようにはならない(普通に死ぬ)。逆に言えば、そんな状況にあるからこそ生きるためには何が必要で、その行動(ここではそこに就職することを指す)によりその条件を達成できるかを吟味することができるのである。

 

なんのために働いているか理解している

 先ほども書いたが、やりがいや夢があっても人間は生きられない。生きるためには金が必要だ。結局働くのもそのためでしかない。だからやりがいだの何の役に立たない割には経営者がしばしば悪用する言葉を使わないし、逆にNG質問とされる勤務条件や環境を聞き、そこに就職することで、心身的な健康を維持しながら生きるだけの金を稼げることができるかを一生懸命判定しようとしているのである。

 

「健常者」と呼ばれる方が障害なのでは

 こうやって俯瞰すれば、障害者はむしろ正常であると思えてくる。働く目的を理解し、そのためには何が必要で、自分は金と引き換えに何を提供できるかを考えることができているのである。一方で、「健常者」と呼ばれる人はよくわからないもので洗脳され、根性で超人になれると勘違いし、自分から犠牲になっていく。こう考えると健常者と呼ばれる人はそういったことを理解し考えることができる能力を欠如しており、そういう意味では「障害」のような気がしてくる。