Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

歴史に対する正しい向き合い方

 自分たちに都合の悪い歴史があると、いくら事実だとしても自虐史だの韓国の陰謀だのとイチャモンをつけて隠そうとする人がいる。こういった人はただ2ちゃんねるなどに書き込むネトウヨから有名人・政治家までいる。そこで、ここでは彼らを批判するとともに、正しい歴史との向き合い方を考えたい。

 

 

歴史は動かしようのない事実と認識する

 単刀直入に言えば、いくらそれが自分にとって都合が悪かろうと、すべて事実ということだ。

 

 家永教科書裁判でも問題となった731部隊など、言い出すと自虐史だなんだのと文句をつけたり、国家権力を用いてそれを無理やり隠そうとする輩がいるが、そんなことをしても歴史は変わらない。ただ隠す輩の本性が知れる、ということだけだ。

 

 例えば、先ほど挙げた731部隊を知っていますか?旧日本軍が東南アジアを占領下に置き、大量虐殺を働いたことを知ってますか?あるいは知ってても嘘だと思っていませんか?ということである。

 

 隠さず、都合の良いように捏造しようとも同じだ。もちろん、研究者への科研費を削減するなど、権力を用いてそのような見方を制限したとしても同じだ。せいぜい日本は歴史に真摯に向き合おうともせず、過去を隠すか、捏造する、あるいは無理やり正当化して反省せず開き直る最低な国家で、そうする国民は史上最低の人間だ、ということになるが。

 

 つまり、何をしようが歴史は変わらない。そうなったらどうすればいいか。答えは簡単で、それを受け入れるしか方法はない。後述するが、受け入れることで反省し、未来ではどうすればよいかを考える糧にするのである。

 

歴史を都合よく解釈しない

 「しっかり歴史をみているだろう!」という人に言うが、それは自分にとって都合の良いものだけではないですか?と問いたい。都合の悪いものも含めて歴史なのだから、それらに対してどう向き合っているか、といっておきたい。

 

 例えば、韓国併合が挙げられる。戦時中日本軍が韓国を侵略した話で、学会でも有力な説である。が、一部の評論家が最近になって「韓国併合で韓国は救われた」などと正当化しだしているのである。侵略されて韓国側はいい迷惑だというのに、これはいかがなものか。DV夫と何ら変わらない。

 

 このように、不利な歴史を隠すことが出来ないとわかると、突如として正当化しだすのも日本人の悪い癖といえよう。しかし、どう考えても正当化したところで無理がある。だましていられるのも時間の問題で、いずれメッキがはがれる。

 

 そうなるのであれば、初めから正当化などしない方がいい。現代のグローバルな倫理観に照らし合わせ、それに反するのであれば厳しく断罪する。当然自分はそのようなことを行わず、また礼賛や正当化は一切行わない。さらに、このようなことを再発させないためにはどうすればよいのかを考え実行する。

 

対立する2つの説があるなら自分に不利な方を信じる

 歴史学者の間で意見が対立するものもあるだろう。歴史は各人の思想が大いに反映されるので、その学者が官邸御用学者だったりネトウヨのような人ならば日本礼賛・韓国ヘイトメディアのようになり、批判すべきと考えているなら批判的な解釈になるだろう。

 

 このような場合、互いに矛盾する意見が共存する。ネトウヨのような人が論じていれば支離滅裂さがわかり簡単にどちらを信じてよいかわかるのだが、学者や書籍を著すような有名人の場合言っていることに反論がしづらいためどちらを信じていいかわからない。

 

 こういう時は、自分(というか日本)に対して不利になるような歴史を信じるべきだ。例えば先ほどの731部隊の例でいえば、「731部隊は本当だ」と「731部隊は嘘だ」では前者を信じる。また、神風特攻隊を例にとれば、「お国のためを思い多くの若者が命をささげた」でなく「本当は人生を謳歌したいのに、国家に強制されたうえ日本人特有の同調圧力により自爆テロをさせられた」と考えるべきだろう。

 

 なぜ不利な方を信じた方がよいのか?それは、自分に有利な方を信じても自己満足にしかならないためである。また、もし真実にもかかわらず不利なことを無視した場合、貴重な反省の機会を失うことになるためである。

 

 例えていえば自国礼賛は砂糖や化学調味料たっぷりのコーラ、後者は自然由来の青汁だ。つまり、前者は自分が気持ちよくなるだけで何の効果もないか、逆に自分が思い上がる原因になる。しかし後者は反省や進歩の機会を与えてくれる。

 

深く反省し未来につなげる

 以上、いくつか歴史への望ましい向き合い方を述べたが、自分に不利なものを含め歴史を受け止めさえすればそれでよいのではではない。深く反省するのだ。現代の倫理観に照らし合わせ、何がいけないのか、何が原因でこのようなことをしたのかを深く考察する。この時は、ヘイトビジネスに引っ掛からないよう、オフラインにして一人でじっくりと考えるのだ。

 

 そうして、原因がわかったら、これを防ぐためには、もし自分ならばどうすればよかったのかを考える。決して他人がどうこう、という結論にしない。未来に向け、それを起きないようにするには、万が一起きてしまった際はどのようにして止めるか、我々には何ができるかを考えるのだ。

 

歴史はあなたのプライドのためにあるのではありません

 さて、ここまで書いて、自虐史観だとか陰謀論だとかいうのは、結局反省もできないくせに無能なおっさんが、大きなものにすがりついて俺スゲーと自己満足したいからこんなことをしているのかな、と思った。だが、言っておく。歴史はあなたがオナニーをするためにあるのではない。深く反省し、未来への糧とするための道具だ。自分のプライドが許せないからといって勝手に歴史を隠したり、好き勝手にいじろうとするな。というか、いじれないのが歴史だといい加減認識しろ。もしよりよくしたいなら、他国をやっつけてやるとかどうにもならないなら周りを巻き込んで自滅してやるとか考えず、今努力して未来をよりよくすればいいのではないだろうか。

歴史的に考えるとはどういうことか

歴史的に考えるとはどういうことか

 
戦争・平和・国際組織: 歴史的に考える

戦争・平和・国際組織: 歴史的に考える