日本社会の疑問を考えるブログ

日本にみられるおかしなところを取り挙げ考えてみる。

「自粛警察」の問題点

 新型コロナウィルスの流行に伴い出現しニュースにもなった「自粛警察」。ここでは自粛警察の問題点を考えたい。

 

 

「自粛」とは

 国語辞典によると、「自粛」の意味は以下のようである。

 

自ら進んで行動・態度を慎み、過ちを犯さないように慎重に物事を進めること。

(実用日本語表現辞典)

 

 要するに、「自粛」というもの「個人的に行うもの」であり、人に強制するものではない。

 

「自粛警察」とは?

f:id:fuckjapaneseculture:20200520225238j:plain

 しかし、それを強制するために様々な嫌がらせをしてくるものがおり、それが「自粛警察」と呼ばれるものである。

 

 「自粛警察」という単語自体は今回の感染症問題が初出だが、類似の行動をするものが様々な場面で目立っている。要するに自警団である。戦時中の「欲しがりません勝つまでは」からはじまり、今回の感染症問題まで、日本人お得意の同調圧力によって、犯罪レベルの嫌がらせをするわけである。

 

 今回の場合、貼り紙や落書きをする、嫌がらせ電話、殺害予告をするなどといった被害が見られた。

 

 なお、自粛警察は常に匿名である。上記のようにリアルで行うものもいるが、拡散力の強いインターネット上が多い。このために多数アカウントを作った人もいるほどである。後述するが自粛警察の行動の中には犯罪行為も含まれるためである。

 

誰が何しようが人の勝手でしょ?

 誰が何をしようとそれは個人の自由である。これは日本国憲法で保障されている。散歩しようがカラオケしようが人の勝手である(バカな会社の命令で労働せざるを得ない人とかは哀れだが)。それをとやかく他人に言われる筋合いはない。

 

 なお、給付金受給などのことは別の問題であると書いておく。どう行動しようが給付金を請求する権利は失われない(失われるというならば法的根拠を示してほしいが)し、それ以外のサービスを利用する権利も変わらない。というか、給付金は「国に恵んでいただくもの」でなく、「我々が払った金を返してもらう」だけでありがたくもなんでもなく当たり前のことなのだが。

 

犯罪だって気づかないのか?

 前項を見ると、「じゃあ自粛警察も人の勝手だろ」という人がいるが、まったくの誤りである。

 

 貼り紙や落書きについては器物損壊罪・建造物損壊罪が成立し、その内容や嫌がらせ電話については脅迫罪・名誉毀損・(会社などの場合)業務妨害罪・(精神に不調をきたすと)傷害罪が成立する。殺害予告については威力業務妨害罪となる。

 

 このように自粛警察のしていることは正義ではなく思いっきり犯罪行為なのである。

 

 要するに、自粛警察が矛先に挙げているの人たちは犯罪行為をしていないんだから警察の真似をするのはやめろ、ということ。それと、気に入らないからって110番通報したりしない。迷惑でしょ。

 

自粛警察は家に引きこもってろ

 結局自粛警察は攻撃対象を探すのにわざわざ外を出歩いたりネットにかぶりついたりしている。会社がつぶれてよほど暇なのかもしれないが、自粛していないのはお前ら正義のヒーロー気取りの自粛警察だろうが。

 

 そんなことをしているくらいなら、医療関係者に出前を頼んでやったり、不調の航空業界を金銭的に支援してやった方がずっと社会のためになる。

 

 それもできないから犯人探しみたいなことばかりやっているんだろうが、それやるくらいならインターネット解約して引きこもっていろ。そうした方が静かでいい。

 

参考・自粛警察への対処法

 まずは自粛警察に攻撃の材料を与えないことだ。攻撃ターゲットがはっきりしているから自粛警察がやってくる。それをはっきりさせないようにすれば自粛警察も攻撃できない。今一度、SNSなどでこのような攻撃される原因となるようなことを公開していないか、確認した方がよい。

 

 たまには自粛警察を煽ってもよいだろう。「昨日は友達とゲーセン行きました~」などと言っておけばよい。リアルで影響が出なければ問題ない。

学校の七不思議(後編)

 前回4つまで取り挙げた「学校の七不思議」。あまりに長くなってしまったので、2回に分けたが、今回はその後編を記したい。

 

前編はこちら

 

 

 

(5)学校旅行のアレコレ

 小中高校どれも、毎年か、少なくとも各学校ごとに数回はあるであろう旅行行事(日帰り含む)。これですらよくわからないことが起きる。

 

 まず一番使われる貸切バスについて考える。

 席決めをするのであるが、なぜかうるさく誰かと一緒でないと気が済まない人ほど後ろへ行きたがる傾向がある。一番後ろの真ん中にいる人などその典型で言っても過言でない。

 

 

 次に航空機にまつわる話をしよう。

 国内でも沖縄といった離島やかなり離れたところ、海外の場合航空機を使うことになる。

 

 私は高校のころ航空機を利用した。ターミナルを離れた機体は滑走路へ向かうのであるが、その際うるさいのは例によって後ろである。

 

 下図の羽田D(05)滑走路からの離陸*1*2であったが、機体が加速を始めるとまたもや騒ぐのは後ろである。男女ともに野獣の雄たけびともとれる奇声を上げる。飛行機は絶叫マシーンじゃないんだから少しくらいは静かにしてほしいものだった。

 

f:id:fuckjapaneseculture:20200508222854j:plain

羽田空港の滑走路配置図。今考えてみたら、よくB747でD滑走路から離陸できたな、と思っている。

 

 同様に気になったのは、1学年となると300人以上いるが、このレベルになると同じ座席クラスに押し込むことが難しくなる。実際私のクラスはB747の2階席(国内線プレミアムクラス)*3があてがわれたここらへんで不公平に思う人が出てきてもおかしくない*4はずなのだが、そのような人への対応はどうしているのか疑問に思った。

 

 プレミアムクラスとなると、ラウンジや機内食、受託手荷物などで優遇が受けられるかと思ったが全くそんなことはなかった。また、マイレージはもらえなかった。

 

(6)「絆」

 類義語は「団結」「仲良し」など多数ある。だが、

 

非常に偽善的な言葉である。

 

 「絆」なんて気に入る人同士で自然に生まれるものであり、その重要性を喧伝したり、ましてやそれを作ることを強制したりするものではない。

 

 要するに一人でできることをわざわざグループを組ませてやらせたり、前回述べたように行事の準備のために拘束することなどもってのほかである。

 

 こういった場面で使われる「絆」という単語は、「束縛」「隷従」にすぎず、勝手に付き合わされていい迷惑だ。

 

 その後は、この「絆」というもの、都合がいいもので行事が終わればどこ吹く風、である。

 

(7)卒業式で泣く人

 一言。

 

それなら留年すれば?

 

なぜだろうかわからない

 以上、2記事にわたって学校で起こる不思議なことを取り挙げてきた。今となっても理由が不明なものばかりである。知っている方は教えてくれれば幸いである。

 

 (※)これを読んだ方は予想するだろうが、そのとおり私は友達というものができたことがない。幸いいじめは中学校になってからピタリとやんだが、よく言えば永世中立国、悪く言えば完全無視の状態であった。教員にも「お前の行動上そうなるのは仕方ない。リンチされないだけありがたいと思え」と言われたし。

*1:ちなみに、留学の帰りの飛行機はC(34R)滑走路への着陸であった。

*2:Takeoff clearance (Cap. to ATC): Taxing to runway 05 (zero-five), via "E"cho, "D"elta, "D"elta 1.

*3:B747のほか、A380など2階建て航空機では、一般的に2階席は豪華なクラスのエリアとなる。

*4:国内線ならさほど変わらないが、長距離国際線でエコノミークラスおよびプレミアムエコノミーに入らずビジネスクラスとなると、座席の機能が大幅に異なるため不公平に思う人が出てきてもおかしくない。

学校の七不思議(前編)

 小中高校は多くの人が通っている、もしくはいたであろう。その中には訳の分からに事がしばしば起きていた。そこで、私が学校生活で感じた不思議なことを、2記事にわたり7つ列挙したい。

 

 

(1)清掃

  わざわざ時間や体力を無駄にして掃除をさせる。それも異常に非効率な方法で。

 

 掃除機を使わずに埃の絡まりやすいほうきやちりとりを、広範囲を拭けるモップを使わずに雑巾を使わせる。たまに「やる気のある」教員がきれいになっていない箇所を指摘することがあるが、それは道具が非効率だったからに他ならない。

 

 清掃活動の理由を聞いても不合理なものしか返ってこない。よくあるものとして

 

  • 「自分が使った場所だから自分できれいにする」→自分が使っていないエリアは?それなら職員室は教員が清掃すべきだし校長室は校長がすべき。同様に来客が使ったエリアは来客がすべき。
  • 「将来掃除ができるように仕方を学ぶ」→掃除の方法などググればOK。
  • 「いいから掃除しなさい」→やだ。

 

 それに、清掃活動事態「労働」に類するものであり、本来は賃金が発生してしかるべきであるが、やはり無償である。

 

 ただ学校にお金がないから権力でやらせておいているだけなのに、それを「教育」だとほざくから厄介なものだ。

 

(2)意外とある「体罰

 一般的に教員の体罰は禁止されており、発覚したら大問題になる。実際そういった話がニュースになり懲戒の対象となっている。

 

 しかし、当然全部の体罰がニュースになったり教職員の懲戒対象となっているわけではない。実際私は教員より以下のような体罰を受けた。

 

  • 雑巾を投げられた
  • 胸ぐらをつかまれ壁にたたきつけられた
  • 飛び蹴りを受けた

 

 これ以外もあるが、当然体罰である。

 

 確かに教員には「懲戒行為」として生徒の体に触れることが認められている。ただし、「懲戒行為」であるのは暴れまわるなど言葉では制御することのできない児童生徒を一時的に拘束する程度に限られ、それであっても行ってよい行為に制限がある。今回の場合威圧目的である以上懲戒行為ではないうえ暴行罪にあたる。

 

(3)何のための行事...?

 

f:id:fuckjapaneseculture:20200515224336p:plain

 

 学校行事というものは「特別活動」に位置するが、学習指導要領およびその解説にはこのように書いてある。

 

全体目標

協力し、よりよい学校生活を築くための体験的な活動を通して、集団への所属感や連帯感・公共の精神を養う

 

文化的行事

学習活動の成果を発表し、自己の向上の意欲を一層高め文化や芸術に親しむ

 

健康安全・体育的行事

心身の健全な発達・健康の保持増進、事件や事故・災害等から身を守る安全な行動や規律ある集団行動の体得、運動に親しむ態度・責任感 ・連帯感・体力の向上

 

解説(一部抜粋)

多様な他者を尊重し、協働してよりよい生活づくりに参画しようとする連帯感を養う

 

 目標とされているのは「協力」であって「隷従」ではない。また、「よりよい学校生活」「健康の保持増進、事件や事故・災害等から身を守る」とある以上このようなことが認められてしかるべきだ。

 

熱中症対策のため、練習をいったん中断し日陰で水を飲む

 

・トイレに行きたくなったので行く

 

・練習や準備があまりに遅くなったので、途中で切り上げて帰宅する

 

  しかしながら、なぜか一般的にはできないことが多い。教員の権力により却下されてしまう。前回の記事で記した通り、こういった抑圧が同調圧力を生むのであり、これがとんでもないことになることもある。実際、合唱コンクールの練習の際トイレを我慢し続けて失禁してしまった女子生徒までいた。

 

 本来、健全かつその内容に親しんで行う行事であるはずが、誰かが長時間かつ心身に苦痛を及ぼす練習法を取り入れ、しかも行事への参加そのものを強制するせいでこのような問題が生じている。

 

 競争やそれにまつわるもの(順位付けと表彰といったインセンティブなど)は一意には悪いとは言えない。ただし、優勝(入賞含む)に過度に固執することによって各メンバーが心身的に苦しむのであればそれは問題だ。学習指導要領では行事に親しむ程度のことしか書いていないのであるから、優勝を目指さない自由も勝負から降りる自由もあってしかるべきだ。要するに、個人で優勝を目指すのは勝手だが、他人を巻き込んだり課外に人を拘束するな、ということ。

 

 また、この目標にあたりもう一つ言えることがある。確かに「親しむ」などと書いてあるが、こういった感情は生徒側が自発的に発露するものであって、教員側が植え付けるものではない。したがって(体育系にありがちだが)「楽しさを味わわせる」というのは楽しむことを強制しており、エゴの押し付けか洗脳のたぐいである。さらに、マラソン大会では参加できなかった生徒を(理由の如何によらず。出席しても時間切れなら欠席扱いとなる)予備日に走らせるという体罰レベルのことをやらかしていた(どうも高校選びだけでは男子10 km以上のマラソンは避けられない模様)。

 

 いくら「頑張っているのは誰のためなんだよ!!」などと怒鳴られても、そりゃあんたの虚栄心を満たすために無理やり動員させられてるんだろうがとしか言えない。ちなみに、こういうことをするのは担任の名前をチーム名(例えば、担任が山口先生の場合は「山口組」となる)にしてデカい横断幕に書くようなところはそうなりやすい気がする。

 

 (※)ちなみに、私は高校のあたりから学校行事に嫌気がさし、球技大会は300系新幹線のさよなら運転(のぞみ347号)に行き、文化祭は予備校で勉強してました。

 

(4)何のために呼びつけた?

 文化祭や体育祭となると、クラスで準備するのだが、そのたびにお呼び出しがかかる。

 

 とりあえず行ってみるとさほど作業している様子がなかった。しばらく時間がたってもだべっているだけで作業する様子がない。結局下校時間になっても作業は終わらず。おまけに何日も拘束しやがる。

 

 人を呼び出して拘束するなら効率的にやって、とっとと終わらせろ。

 

 「協力しない」「みんな面倒だ(暑い、苦しい)けど頑張ってきているんだよ!!」とか言っているが、何の解決にもなっていない。

 

 苦痛を正当化&強制するくらいなら、「苦痛なら早くしなくてよくなるように工夫しろ」ということ。

 

後編へ続く