Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

「不寛容」には不寛容でなければならない

 少数派や社会的弱者の権利を認めていこうとする行動など、寛容に向かう行動をしようとする。こんな時、不寛容に対して寛容になれ、といつものごとくおかしなことを言うバカウヨどもがいるが、それは間違いだと指摘したい。

 

 

杉田議員と阪大教授とヤフコメ民と…

 LGBTの非生産的発言など、人権を踏みにじる発言がお好きな杉田議員。そんな中、阪大の教授が行ったこれらに関する研究を、いつものごとく、というか、自民党議員らしいが「捏造」と認定した。それに対し、教授はめげず、京都地裁に訴えを起こすことができたのだ。
mainichi.jp

 同内容のYahooニュースのコメント欄では、やはり不寛容に対する寛容を認めよ(中には、教授自体や、その研究を認めない、つまり「寛容」すらも認めない人間もいる)、と誰得なのかわからない内容の主張をするバカウヨどもが湧いている。バカウヨどもは「肉屋気取りの豚」とは言い当て妙な皮肉だ。

 

寛容な社会にならねばならない理由

  確実に「寛容である必要があるのか?」と愚にもつかない疑問を持ちかけるバカウヨどもがいるので、理由を説明しておこう。

利他的視点:「国の発展のためには国民の幸福が不可欠だから」

利己的視点:「自分が何らかの社会的弱者になった時、排除されずに済むから」

…これだけだ。前者についてだが、国から不寛容を伴わない幸福*1をもたらされずにどうして国の発展に協力しようとするのだろうか?洗脳する?それともいつものごとく非協力者のネガキャンをする?馬鹿な日本人は洗脳されやすいが、その中には洗脳しても気づく人間はいくらでもいる。そいつらが反逆するのも時間の問題だ。ネガキャンをしても同じだ。さて、国の発展のためには国民の幸福を必要とすることがわかった。では他者に不寛容な状態でどう彼らを幸福にできるというのか?無理である。

 後者については、考えるまでもないだろう。「俺はそんなものにならない」と根拠のない前提を立てている人も、もう一度考えてほしい。

 

寛容になるためには

 さて、タイトルの表すところを説明しよう。

Q.寛容になるために肝要なこととは何ですか?

A.不寛容に不寛容になることです。

ということである。 ほら見ろ、不寛容には変わりないじゃないか!とお思いのバカウヨどもは一度考えてほしい。なぜなら、不寛容に寛容になることはすなわち不寛容そのものであるからだ。理由は考えるまでもないが、バカウヨどものために説明しよう。

もし、不寛容に寛容になると、不寛容を主張するものは寛容な社会を破壊する。

従って寛容のためには不寛容に不寛容にならねばならない。

 理由はこれだけだ。従って、誰であっても不寛容である権利は存在しないのだ。

 

補遺・寛容のパラドックス

  以上で挙げたのは、哲学者Karl Popperの「寛容のパラドックス」である。参考文献を下に示した。

The Open Society and Its Enemies (Routledge Classics)

The Open Society and Its Enemies (Routledge Classics)

 

*1:不寛容を含む幸福を得たとしても、遅かれ早かれその虚しさに気づくであろう。

引きこもりなら何でもしていいと思ってない?

 「引きこもり支援施設」と称して入所者に対し様々な身体的・精神的な苦痛を与える施設がある。ここでは、それを批判したい。

 

 

こっちだって虐待されているよ

 小学4年生の女児が父親に度重なる虐待を受け、死亡したというニュースは記憶に新しい。

www3.nhk.or.jp

 が、似たような暴行を受け、結果的に死亡したり(戸塚ヨットスクールが有名な例だ)、そこまでいかなくても、逮捕状がないにもかかわらず日本国憲法が保障する人権などを完全に無視し強制収容し、場合によっては身体的・精神的な虐待を行うことがある施設がある。それが、「引きこもり支援施設」だ。今回もまた外部と連絡できないという、刑務所顔負けの処遇を強いられたということが明らかになった。

www3.nhk.or.jp

 

「引きこもり支援団体」の実態

f:id:fuckjapaneseculture:20190209110527j:plain

引きこもり支援団体の活動の様子(ビートたけしのTVタックル)

 身体的・精神的な虐待は入所前から始まる。*1引きこもり当事者に何が原因で、どういった心理的な問題を抱えているのか、などを考えようともせずに部屋から引きずり出そうとする。具体的には、ドアを壊して土足で乱入する(上記写真はその一部始終)、引きずり出した後身体的な暴力を加える(初め上げた虐待事件と同じく、冷水をかけるなど)、身の危険を感じて逃げ出した当事者を追いかけて連れ戻し、やはり身体的苦痛を与える、ということなどが挙げられる。これらは傷害罪に当たる。

 入所した後もやはり人権を無視された処遇を受ける。上記のように外部との連絡を遮断されて強制収容所同然*2の生活を強いられ、殴る蹴るなどの身体的な暴力を受ける*3、連日にわたって差別的な言動をされて精神的な問題を引き起こしてしまった、ことも数多くある。いずれも団体側としては「安倍政権下の奴隷社会人を育てる」という建前を持っているが、どの行為も犯罪に当たる。

 

支援団体の犯罪行為・「引きこもり」だろうと人権は最大限尊重される

 そもそも支援団体は公的機関でなく、ましてや逮捕権もない。従って本人の許諾がないにもかかわらず生活空間に侵入し拉致することは略取・誘拐罪に当たる。もう一度書くが、その過程で暴力をふるった場合は勿論傷害罪となる。施設に監禁し外部との連絡を禁止することも犯罪だ(逮捕・監禁罪)。従ってこれらを実行した団体構成員や代表者は本来法の下で処罰され、行為自体を未然に阻止しなければならない。しかしながら日本では、このような行為が美談とされている節があるのか、写真のようにテレビで堂々と取り上げられる。これは支援団体だけでなくその行為を見過ごした警察や、それを美談として取り上げるメディア側も同罪であると言えよう。

 また、引きこもり当事者は犯罪者ではない。従って日本国憲法で保障される各種人権はすべて尊重され、行使できるようにされなければならない。刑法の面でなく、憲法面から見てもこういった支援団体は生存権や幸福追求権などを踏みにじっているといえよう。なお、憲法で定められた権利は公共の福祉によって一部制限されるが、引きこもりでいることの何が公共の福祉に反するのだろうか。苦しんでいるくせに反発もしようともせず、苦しまないのは逃げ*4だ、と自己正当化をして抑圧移譲しかできない奴隷どもが不快に感じるだけであろう。一方で当事者を「更生という名の奴隷化」させたらどうなるか。ただですら日本は人権後進国といわれる状況であるにもかかわらず、*5また1人の奴隷が生産され、さらにひどくなっていくだけであろう。公共の福祉に反するのは一体どちらなのだろうか?明らかに後者だ。

 

引きこもり支援のためには

 まず、引きこもりは犯罪ではない。したがって、まずは社会保障(ベーシックインカムなど)を充実させ、彼らが、このまま暮らしたいのか、それとも社会復帰したいのか、という選択を与え、幸福を追求しつつ生存できるようにする。もし社会復帰したいのであれば、そここそ支援団体の出番であるが、支援団体はあくまで資格を持った専門家が行うカウンセリングと必要な場合のみ就職先の紹介にとどめる。また、就職先の紹介も、労働基準法を完全に順守している事業所に限定する。

*1:戸塚ヨットスクールなどはこのような「お迎え」がなく、親が自己責任で施設まで連れてくるよう指示することもある。ただし、「連行が不可能な場合は警備会社を紹介する」とのこと。

*2:留置所・拘置所・刑務所は、制限はあるものの外部との連絡は可能なため、こう記した。

*3:「ひきこもり支援うたう団体」に連れ去られ、軟禁…被害女性、悪質ビジネスの実態訴え - 弁護士ドットコム

*4:奴隷どもも、反発するなどといった行動やそれに結び付く思考から逃げているんだけどね。

*5:それで日本が崩壊するなら、とっとと滅びろって何度も言ってんだろ!

すし詰め状態を避けるのが甘え?ふざけるな!

 特に大都市圏では、7:00-9:00および16:00-20:00ごろまで通勤通学のラッシュアワーが毎日のようにある。それはとても苦しいものだが、苦しみを避けようとする者を糾弾する風潮に異議を申し立てる。

 

 

はじめに

f:id:fuckjapaneseculture:20181228104812j:plain

満員電車の様子(画像はイメージです)。

 

 特に大都市圏を中心に通勤通学ラッシュが毎日のように見られる。着席はおろか、乗車さえもままならない状況だ。グリーン車は多少は回避されるが、それでもチャクウィキで「グリーン車は快適に立つための場所」と揶揄されるように着席できない。*1その中はお互いの体が密着しあい、体臭*2やら粘り気のある液、生暖かい息が体にかかってくる。最大のストレス空間であり、何らかの手段を用いてこれを回避したい人は多くいるはずだ。そこで、これを避ける方法を挙げ、正当性があることを述べていく。

 

ラッシュを時間的・空間的に回避

 簡単に書けば、フレックスタイム制在宅ワークを活用してラッシュアワーではない時間帯で通勤することや、そもそも人口が少なくラッシュアワーのない地域へ移住するといったことが考えられる。が、なぜか日本企業はこれを行おうとはしない。業務連絡はメールで連絡できるのだから朝礼はいらないし、つまり決まった時間に出社する必要はない。また、クレーマーどもの言うには24時間営業がよいということなので、誰かが24時間いればよい。従ってフレックスタイムは可能であり、実現すべき制度である。在宅ワークについても同様に満員電車回避になる(セキュリティ上の問題があるとは言われるが、それは会社でも変わらないし、業務上のメールや電話を会社外にいる時に書けてくる会社もセキュリティ上の危険を作っていると言える)。地方への移住についても、在宅ワークと同様に機器を持ち込めば可能だ。多くの企業がオフィスを構える東京の特徴としては、せいぜい人が多いことと、何にもならないステイタスになるくらいだ。特にそこには利益などないし、逆に予期されている東京湾北部地震などが来れば一発でパーだ。従って、リスクヘッジのためにも地方にオフィスを構えることは重要課題となるであろう。

 

 連結部分に乗る

 連結部分は満員だろうと唯一空いている空間だ。したがって、満員を避けるためここに乗るのは問題ない。よくある反対意見にここでは反論する。

 まず、通路だから空けておけ、ということについてだが、満員電車ではどのように人込みをかき分けてそこを通ればよいのか。どうやって通ることなどできない。つまり通路としての役割を果たしていない。仮に通る人がいたとしても、横によければ済む話だ。

 次に、連結部は柔軟に動く部分なので事故時に押しつぶされる危険があるということだが、これも連結部だからと言ってリスクが高いわけでもない。満員電車の場合それ以外はすし詰めなのだから、無理してすし詰めのところにいたとしても事故時は乗客に押しつぶされて同じく死ぬ。福知山線脱線事故のように、列車ごとつぶれる場合は言うまでもない。

 最後に挙げられるのが、ほとんど感情的なものだ。感情というかメシウマ思考でしか考えられない猿どもに人間の知能を要求するのは酷ではあり、反論するのも徒労を感じえないが、こういう機会なので一応反論する。何の理由もなく「そこは乗るところではない」とか、私の場合「一人だけ楽しようとしてるんじゃねぇよ」と言われたが、完全にすし詰め状態で苦しんでいる乗客のオナニーでしかない。自分で現状を変えることもできない無能だから人の足を引っ張って自己満足しているようだ。言っておくが、お前が苦しんでいるからと言って自分が苦しむ理由にはならない。

 

すし詰めを避けて何が悪い?

 以上、すし詰め状態を避ける方法の正当性について述べていった。日本人、日本企業はこんなに利点があるのになぜ改善しないのだろう?やっぱりいつもの革新性のない錆びかけた頭で考えているからか、他人が苦しまないときが済まないから?

*1:最近は、着席保証のニーズを考慮してか、平均給与は上昇していないにもかかわらず京阪プレミアムカーS-TRAINといった追加料金で必ず着席できる列車が増加している。が、毎日乗るのはお財布に厳しいかな。

*2:ちなみに、女の子の隣ならいい匂いだからいいや、とは割り切れない。その娘が生理中だったり香水を過剰につけていると途端に不快臭となる。というか、味わおうものなら痴漢と疑われること間違いなし。