Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

遅れてるねぇ日系企業はw

日本に支社を出す外資系企業が次々と働きやすい環境を整備していくのに対し、まったく日系企業は手を付けない。 日本マイクロソフトの快進撃 一方で日系企業は… 日系にいる人ってバカだねぇ 日本マイクロソフトの快進撃 www.asahi.com 日本マイクロソフト株…

日本人に「例外」という概念は危険だ

日本人は、「例外」という概念を作ってしまえばそれが原則となり、結果それが害となることがある。ここでは、日本人が「例外」という概念を持つとどうなるかを考え、その危険性を指摘したい。 「例外」が「当たり前」になる 「原則」の成立条件がおかしい 「…

天皇が死んでもどうということはない

得てして日本人は、天皇あるいは皇族が何かしただけで騒ぎ、テレビがその話題だけになる。そこで、ここではこのような風潮を批判し、正しい行動を提示したい。 騒ぎ出すマスメディアと日本人 たかが他人でしょ? 天皇が死んだときの正しい行動 ところでさ、 …

障害者の方がまともな就活をしている

就職活動は様々なステップからなるが、なんだかどうでもいい夢やらやりがいやらを洗脳されたように語り、超人のようにふるまい、なんだかなんのために働くのかわからなくなっている人を多く見かける。そういう意味では障害者はそういったことをよく理解して…

ネット版ゴシップの論調

ブラウザを開けば週刊誌電子版、まとめサイト、言論サイトといった様々な「ネット版ゴシップ」を見かける(特に日本版yahooで)。ここでは、こういった言説の特徴を述べていきたい。 韓国(たまに中国)叩き マイノリティ叩き 奴隷根性の賛美 おっさんのおっさん…

いつでも学びなおしができるようになるべきだ

得てして日本は大学は1度大学を卒業するとそのまま会社に勤めあげることが常識となっており、社会人博士などのごくわずかな例外を除き、大学に戻って勉強・研究することは一般的に認められていない。ここでは、そのような風潮に異議を唱えたい。 一般的な日…

自民党には「令」は守れても「和」は守れない

なんだか平成に次ぐ元号が決まったらしい。意味を見るとなんだか今の日本とも日本が目指しているところともかけ離れている気がする。 新元号決定 「令」は喜んでするだろう 「和」は無理だろう どうせ騙したいんだろ 新元号決定 天皇が体にガタが来たのか、…

在宅勤務の優位性

「在宅勤務」という制度がある。が、日本ではあまり普及していない制度で、そもそもそんな制度が存在しないか、有名無実化している制度だったりする。ここでは、在宅勤務の優位性を3つ挙げる。 通勤(特に満員電車に乗車)しないで済む 職場の面倒ごとに巻き込…

廃線してほしくないなら普段から乗れば?

日本人は、廃線の危機に瀕している路線には普段は見向きもしないくせに廃線になることが決定すると寂しいだの残せだの騒ぎだす。ここでは、日本人のそんな行動を批判したい。 北海道のある路線での出来事 鉄道会社は営利企業なんだから 残してほしいなら乗れ…

首相官邸は報道の自由を守れ

安倍政権になってから報道の自由度が下落してきている。これに追い打ちをかけるように東京新聞の望月記者の質問に対する回答を拒否したことが問題となった。そこで、ここでは、ことの経緯を述べるとともに首相官邸の対応を批判したい。 報道の自由度と質問拒…

故意に行うハラスメントの3類型

昨今日本で多発している「ハラスメント」。これは無意識のもの(スメル・ハラスメントや「ズルハラ」*1など)と故意に行っているものの2種類に分けられる。ここでは、後者を3類型に分けてみたい。 アイツだけ抜け駆けは許せないから 少数派だから 目下だから …

日本の創作作品は性的すぎる

日本には、なぜか規制の有無によらず、幼児性愛志向的および性的なコンテンツが多数ある。ここでは、そのようなコンテンツを3つ例示していく。 アウラ位の過度な強調 下着の露出 ロリコン・ペドフィリア的志向 日本人は変態か? アウラ位の過度な強調 具体例…

「安倍晋三語」概説:例文で学ぶ

内閣総理大臣になって6年以上たつ人物・安倍晋三。彼は日本に住んでいる以上日本語を話していると「推測」されるのであるが、どうもそうすると辞書上の意味に適合しない。初めは日本語の誤用と考えたが、大学を出ている身でそんなことはあり得ないはずだ。そ…

「権利を主張する前に義務を果たせ」という人へ

何らかの権利を主張すると「権利を主張する前に義務を果たせ」とのたまう馬鹿どもが日本には多くいる。そこで、当記事ではこの主張に疑問を示したい。 その「義務」はどんな義務ですか? その「義務」はどこまで果たせばよいのですか? なぜその「義務」を果…

ダブルスタンダード大好き日本人(労働編)

得てして日本人はダブルスタンダードが大好きだ。お互い矛盾しているというのに全くそれに気づかず、両方とも正しいと勘違いする知性のなさがうかがえる。ここでは、日本でよくあるダブルスタンダードのうち、労働でありがちなものを挙げる。なお、その他場…

案の定監視をしていた日本政府

一見日本は自由な国家に見えて実は監視社会であった。ここでは、その例を挙げていく。 監視社会の具体例 防衛省の個人情報収集 「Tカード」運営会社の個人情報無断提供 Nシステム やっぱり日本は監視社会なんですね 監視社会の具体例 防衛省の個人情報収集 …

就活情報サイト・書籍の罪

就職活動が始まった。様々な形態の選考方法があるが、どうも日本の新卒採用における面接は見るべき点を間違えている気がしてならない。一方で、これを擁護するかの如くリクルート社などは情報サイトおよび書籍でよくわからない解釈をつけて無理やり正当化す…

日本批判への拒絶反応~Amazonレビューより~

日本を批判すると、それがどんな内容であっても反日だ売国奴だと難癖をつける輩がいる。ここでは、そんな輩の拒絶反応を、Amazonで販売されているある書籍のレビューを引用して考えてみたい。 拒絶反応の分類 「生理的に受け入れられない」? ただまあ現実で…

「ソイツはすごいがお前と日本はすごくない」

日本代表選手及びそのチームが試合で勝ったとなるとまるでそれが自分の功績であるかのようにふるまったり日本はまだまだ発展すると無関係なことに結び付ける輩が多数いる。 無関係な他人にそこまで感情移入するか 日本の盛衰とは無関係です 勘違いするなよ、…

「愛国心」に関するよくある勘違い

バカウヨや自民党の政治家どもは「愛国心」とうるさい。しかし、彼らの言う愛国心は本来の愛国心とはかけ離れているものばかりだ。ここでは、愛国心と言われるが、実際は愛国心ではないものを紹介する。 はじめに・愛国心とは? 愛国心は、他者からの批判を…

平和賞推薦?やっぱりぃ?

あのトランプに対し安倍ちゃんがノーベル平和賞に推薦したらしい。アメリカ様の手下らしいやw。 トランプのコメント そもそもトランプが平和賞とは何事だ 安倍ちゃんは…まあいつものことか トランプのコメント mainichi.jp mainichi.jp あのファシスト政治…

「不寛容」には不寛容でなければならない

少数派や社会的弱者の権利を認めていこうとする行動など、寛容に向かう行動をしようとする。こんな時、不寛容に対して寛容になれ、といつものごとくおかしなことを言うバカウヨどもがいるが、それは間違いだと指摘したい。 杉田議員と阪大教授とヤフコメ民と…

引きこもりなら何でもしていいと思ってない?

「引きこもり支援施設」と称して入所者に対し様々な身体的・精神的な苦痛を与える施設がある。ここでは、それを批判したい。 こっちだって虐待されているよ 「引きこもり支援団体」の実態 支援団体の犯罪行為・「引きこもり」だろうと人権は最大限尊重される…

すし詰め状態を避けるのが甘え?ふざけるな!

特に大都市圏では、7:00-9:00および16:00-20:00ごろまで通勤通学のラッシュアワーが毎日のようにある。それはとても苦しいものだが、苦しみを避けようとする者を糾弾する風潮に異議を申し立てる。 はじめに ラッシュを時間的・空間的に回避 連結部分に乗る …

日本会議にも非難される安倍ちゃん

自民党の背後で強い支持をしている極右カルト団体・日本会議。当然安倍総理を妄信してやまないのだが、何とその日本会議が彼を批判したのだ。 ことの発端 ついに非難されちゃったよw さあどうするバカウヨども ことの発端 www.msn.com 日本会議や自民党の一…

Anarchyな価値観が日本を救う

日本では、上に従うものという暗黙の了解ができており、反発することはあまり見られない。しかし、疑問を持ち反発することは奴隷からの脱却であり、幸福につながると考えられる。 日本の一般的な価値観 考えよう、行動しよう Anarchyな行動の例~立ち上がっ…

国債について

日本の国債は元本保証がつくため非常に格付け会社から高評価を受けている。しかし、私はこれらに対し疑問を呈したい。 はじめに 借金の大きさ 地政学リスクの裏側 終わりに はじめに 紙媒体だったころの国債の画像。今はデータ化されているので、信用がなく…

労働者に必要な意識

働いていると、どうしてもマンネリ化してしまい、意識が低くなってしまう。そこで、ここでは労働者に必要な意識を改めて3つ取り上げ記す。 金をもらって働いているということを忘れるな 労働者という立場をわきまえろ 経営者との関係を意識しろ 終わりに 金…

就活の非効率性

このブログには就活・労働というカテゴリーがある。カテゴリー名に「就活」と書いておきながらほとんどが労働関連で、日本の就活を批判する記事はない。そこで、ここでは日本で一般的な就職活動の選考プロセスを批判したい。 一般的な選考プロセス (1)プレエ…

時代錯誤も甚だしい日本の司法制度

日本の刑事及び司法制度は人権面などから大きな問題をはらんでいる。ここでは、その例をいくつか挙げる。 別件逮捕 人権無視の取り調べ・拘留・禁錮 序審法廷と化した司法制度 いつの司法制度だ?中世か? 別件逮捕 重大事件に関与したとされる人物を検挙す…