Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

「自称・社会的強者」への違和感

Twitterを見ていると、しばしば社会的強者(富裕層、資本家、経営者、与党政治家など)を過度に擁護しているものを見かける。実際に社会的強者ならともかく、そうでもないのにこんなことをしたがる人が多くおり、違和感を禁じ得ない(実際、「貯金50万目標」「…

差別を解消しない日本人

差別を見た場合、それに声を上げ権利を認めさせるのが常識だが、なぜか日本ではそれがよくないものとされている。ここではその文化を批判する。 Unconscious biasと差別への気づき 差別を見たときの日本人の行動 権利は認められてしかるべきだ Unconscious b…

日本批判すると論点すり替えする人に反論する

日本を批判すると、どう証拠を集めて論証しても論点すり替えを使ってくる人がいる。そもそも論点すり替え自体反論ができないから揚げ足を取るために行っているものであり、反論すること自体野暮だが、ここではあえてよくある論点すり替えに反論したい。 「海…

歴史を学ぶ意義

小学校から大学院*1まで学ぶ分野の1つ、歴史。ここでは、その歴史を学ぶ重要性を、「教養のため」以外で述べていきたい。 日本史(古代史):「純血日本人」などいないことを知るため 日本史(近代史):戦争をしたがる馬鹿どもを止めるため 世界史(1):人種差別…

日本批判する人にレッテル貼るなら証拠見せろ

ネトウヨをはじめとして、日本を批判するとなぜか在日(朝鮮人)だとか日教組だとかのレッテルを貼る人がいる。ここではそれを批判する。 レッテル貼りが大好きな暇人 その証拠はどこにあるのですか? もっと頭を使ったら? レッテル貼りが大好きな暇人 レッテ…

「自称・善良な日本人」の異常性

各番組では狂ったように日本すごい、日本すごいとありもしない妄想が垂れ流されている。そんな中日本人の異常性は隠されるばかりだ。そこで、ここでは私が日本に20年ほど生活して気づいた日本人の異常性を述べたい。 考える力が完全に欠如している かといっ…

日本礼賛論者の薄っぺらさ

自称愛国者は、日本がどんな悪い状況になってもそれを認めない。ここではそれを例示し批判したい。 「○○よりマシ」と思考停止 論点をすり替える 指摘した人に謎のレッテル貼り いい加減現実を見ろ 「○○よりマシ」と思考停止 こんなツイートがあった。 最近の…

いい加減紙媒体を偏重するのやめませんか

日本ではなぜか不便な紙媒体の使用が偏重されている。ここではその文化を批判したい。 紙媒体偏重文化 電子媒体のメリット 電子媒体の問題点の克服法 セキュリティ面 書き込みの自由さ 気持ちの面 紙媒体偏重文化 日本では、履歴書や各種ビジネス文書はなぜ…

思考停止の3パターン

行動するためには思考する必要がある。このため、思考内容の良しあしによって行動の良しあしが決まるのである。従って思考停止した状態で行動するのは最悪のパターンといえる。ここではその最たる例となる行動の根拠を3つ挙げたい。 「みんなやっているから…

Twitterはじめました

今日でこのブログは開設1周年なので、Twitterアカウントを作成しました。 アカウント作成の経緯 主としてつぶやくこと ただし以下はお断り 今後の予定・他 こちらからどうぞ アカウント作成の経緯 このブログ、考えをまとめ、ある程度長文になってから執筆す…

日本を代表する3つの英単語

最近は、クールジャパン政策ということで日本のクールな点とやらを売り出そうとしている。そこで、日本人は隠したがるが世界によく知られている、日本を代表する英単語をGoogle翻訳で表示される解説文(太字:解説、細字:例文)を引用しながら3つ紹介する。 "…

規則は合理性をもって運用しましょう

中・高等学校の拘束校則や社内規定などでいろいろなことが規定されている。それに合理性があるのなら仕方がないが、明らかにないものもある。ここではそれを批判したい。*1 日本に残る不合理な規則 合理的かどうか?それが大事だ 思考停止して賛成する奴って…

遅れてるねぇ日系企業はw

日本に支社を出す外資系企業が次々と働きやすい環境を整備していくのに対し、まったく日系企業は手を付けない。 日本マイクロソフトの快進撃 一方で日系企業は… 日系にいる人ってバカだねぇ 日本マイクロソフトの快進撃 www.asahi.com 日本マイクロソフト株…

日本人に「例外」という概念は危険だ

日本人は、「例外」という概念を作ってしまえばそれが原則となり、結果それが害となることがある。ここでは、日本人が「例外」という概念を持つとどうなるかを考え、その危険性を指摘したい。 「例外」が「当たり前」になる 「原則」の成立条件がおかしい 「…

天皇が死んでもどうということはない

得てして日本人は、天皇あるいは皇族が何かしただけで騒ぎ、テレビがその話題だけになる。そこで、ここではこのような風潮を批判し、正しい行動を提示したい。 騒ぎ出すマスメディアと日本人 たかが他人でしょ? 天皇が死んだときの正しい行動 ところでさ、 …

障害者の方がまともな就活をしている

就職活動は様々なステップからなるが、なんだかどうでもいい夢やらやりがいやらを洗脳されたように語り、超人のようにふるまい、なんだかなんのために働くのかわからなくなっている人を多く見かける。そういう意味では障害者はそういったことをよく理解して…

ネット版ゴシップの論調

ブラウザを開けば週刊誌電子版、まとめサイト、言論サイトといった様々な「ネット版ゴシップ」を見かける(特に日本版yahooで)。ここでは、こういった言説の特徴を述べていきたい。 韓国(たまに中国)叩き マイノリティ叩き 奴隷根性の賛美 おっさんのおっさん…

いつでも学びなおしができるようになるべきだ

得てして日本は大学は1度大学を卒業するとそのまま会社に勤めあげることが常識となっており、社会人博士などのごくわずかな例外を除き、大学に戻って勉強・研究することは一般的に認められていない。ここでは、そのような風潮に異議を唱えたい。 一般的な日…

自民党には「令」は守れても「和」は守れない

なんだか平成に次ぐ元号が決まったらしい。意味を見るとなんだか今の日本とも日本が目指しているところともかけ離れている気がする。 新元号決定 「令」は喜んでするだろう 「和」は無理だろう どうせ騙したいんだろ 新元号決定 天皇が体にガタが来たのか、…

在宅勤務の優位性

「在宅勤務」という制度がある。が、日本ではあまり普及していない制度で、そもそもそんな制度が存在しないか、有名無実化している制度だったりする。ここでは、在宅勤務の優位性を3つ挙げる。 通勤(特に満員電車に乗車)しないで済む 職場の面倒ごとに巻き込…

廃線してほしくないなら普段から乗れば?

日本人は、廃線の危機に瀕している路線には普段は見向きもしないくせに廃線になることが決定すると寂しいだの残せだの騒ぎだす。ここでは、日本人のそんな行動を批判したい。 北海道のある路線での出来事 鉄道会社は営利企業なんだから 残してほしいなら乗れ…

首相官邸は報道の自由を守れ

安倍政権になってから報道の自由度が下落してきている。これに追い打ちをかけるように東京新聞の望月記者の質問に対する回答を拒否したことが問題となった。そこで、ここでは、ことの経緯を述べるとともに首相官邸の対応を批判したい。 報道の自由度と質問拒…

故意に行うハラスメントの3類型

昨今日本で多発している「ハラスメント」。これは無意識のもの(スメル・ハラスメントや「ズルハラ」*1など)と故意に行っているものの2種類に分けられる。ここでは、後者を3類型に分けてみたい。 アイツだけ抜け駆けは許せないから 少数派だから 目下だから …

日本の創作作品は性的すぎる

日本には、なぜか規制の有無によらず、幼児性愛志向的および性的なコンテンツが多数ある。ここでは、そのようなコンテンツを3つ例示していく。 アウラ位の過度な強調 下着の露出 ロリコン・ペドフィリア的志向 日本人は変態か? アウラ位の過度な強調 具体例…

「安倍晋三語」概説:例文で学ぶ

内閣総理大臣になって6年以上たつ人物・安倍晋三。彼は日本に住んでいる以上日本語を話していると「推測」されるのであるが、どうもそうすると辞書上の意味に適合しない。初めは日本語の誤用と考えたが、大学を出ている身でそんなことはあり得ないはずだ。そ…

「権利を主張する前に義務を果たせ」という人へ

何らかの権利を主張すると「権利を主張する前に義務を果たせ」とのたまう馬鹿どもが日本には多くいる。そこで、当記事ではこの主張に疑問を示したい。 その「義務」はどんな義務ですか? その「義務」はどこまで果たせばよいのですか? なぜその「義務」を果…

ダブルスタンダード大好き日本人(労働編)

得てして日本人はダブルスタンダードが大好きだ。お互い矛盾しているというのに全くそれに気づかず、両方とも正しいと勘違いする知性のなさがうかがえる。ここでは、日本でよくあるダブルスタンダードのうち、労働でありがちなものを挙げる。なお、その他場…

案の定監視をしていた日本政府

一見日本は自由な国家に見えて実は監視社会であった。ここでは、その例を挙げていく。 監視社会の具体例 防衛省の個人情報収集 「Tカード」運営会社の個人情報無断提供 Nシステム やっぱり日本は監視社会なんですね 監視社会の具体例 防衛省の個人情報収集 …

就活情報サイト・書籍の罪

就職活動が始まった。様々な形態の選考方法があるが、どうも日本の新卒採用における面接は見るべき点を間違えている気がしてならない。一方で、これを擁護するかの如くリクルート社などは情報サイトおよび書籍でよくわからない解釈をつけて無理やり正当化す…

日本批判への拒絶反応~Amazonレビューより~

日本を批判すると、それがどんな内容であっても反日だ売国奴だと難癖をつける輩がいる。ここでは、そんな輩の拒絶反応を、Amazonで販売されているある書籍のレビューを引用して考えてみたい。 拒絶反応の分類 「生理的に受け入れられない」? ただまあ現実で…