Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

天皇が死んでもどうということはない

 得てして日本人は、天皇あるいは皇族が何かしただけで騒ぎ、テレビがその話題だけになる。そこで、ここではこのような風潮を批判し、正しい行動を提示したい。

 

 

騒ぎ出すマスメディアと日本人

 天皇がどこかに出かけただけでもマスメディアが騒ぎ出し、それを見物しようと群がる。迷惑もいいところだ。結婚したときも同様で、ましてや天皇が死んだときはなおさらだ。親でもないのに喪に服し、テレビに至っては全局が追悼番組を数日間にわたって放送する。昭和天皇の時はこのようなテレビ欄になったそうである。

f:id:fuckjapaneseculture:20190406232411j:plain

昭和天皇が死んだときのテレビ欄(読売新聞首都圏版・1989/01/08)

 このように、NHK総合と各民放及び地域限定放送局がこぞって追悼番組を放送した。今は「テレ東伝説」*1とたびたび有名になるあのテレビ東京もびっしり追悼番組が詰まっている。逆に、通常営業をしているNHK教育テレビ(現・NHKEテレ)が正常に思えてくる。実際は、民放連から北朝鮮顔負けの指令が出されていたということもあり、こんなことになっていたそうである。これ言論統制じゃね?ヘイトスピーチができないとわめいているバカウヨの皆さんはどうお考えですか?どーせいつものごとくダブルスタンダードかますんだろうけど。

 

たかが他人でしょ?

 天皇がどこか行こうが結婚しようが、あるいは死んだからといって何も気にすることないじゃん。天皇は君の友達でも親でもない。赤の他人でしょ。「人類の始まりから見たら天皇も親戚だ」とかいう人がいるだろうけど、DNA検定をしたとしてどのくらい一致するんだろう。99%一致するとか言っても、1%違えば人間とサルくらい違うし。話を戻すが、何天皇ごときにマジになってるの。他人なんだしどーでもいいじゃん。ラブライバーとかAKBファンとかと同じノリだな。周りに踊らされて恥ずかしくないの?そんな時間があったら自分の資産とか生活を考えたら?

 

天皇が死んだときの正しい行動

 先ほども述べたとおり、天皇は赤の他人でしかない。だから、気にすることない。いつものように過ごすか、周りが喪に服しているから行きたいところが空いててラッキー、くらいの認識でよいだろう。もしその話を振られたら、このくらいの対応で軽く受け流せばよいだろう。

「え?天皇死んだ?あっそう。そんなことより東武ワールドスクウェア行こうぜ。みんな喪に服してるから空いてるだろ」

 インドア派の方はこんな感じでよいだろう。

天皇死んだんだって。あとでチンポコモン見ようぜ」

 

ところでさ、

 天皇ってもう年なんだっけ。生前退位で以前ほど国民が一斉に喪に服す異様な光景は見られなくなるだろうが、そろそろ死ぬんじゃね?となると、こんな光景が見られるかな?

f:id:fuckjapaneseculture:20190407142419p:plain

*1:大ニュースが飛び込んできたとき、他の放送局がこぞってそれを放映する中、テレビ東京だけ関係ない番組を放送すること。たまに当該ニュースを風刺したように見られるものが偶然放送されるため、インターネット上でたびたび話題になる。