Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

「自称・普通の日本人」が考える「大人」の定義

 Twitterや各ブログを見ていると、「自称・普通の日本人」や冷笑系が自身の持論を展開しているのを見かける。その中に「中二病」という単語を見つけたので、その対義語と推測される「大人」の定義を考え、それをまとめたい。

 

 

絶対に日本を批判せず、韓国に八つ当たりする

 彼らのすさまじいところとして、なぜか日本批判をかたくなとして認めない点である。確かに、根拠のない誹謗中傷や明らかに嘘とわかるものについては反論してもよかろう。しかし、過労死問題や刑事司法の非人道性、行き過ぎた同調圧力による政治の独裁化など、根拠や事例が存在し、あるいは世界的に有名な問題ですら認めようとしないのである。これらを批判した場合、なぜか「あなたは日本のこういういいところを見逃している」「今の現状が最高だ」などと現状肯定をしだすのである。それ以外にも「海外にはこういう問題(無関係なもの)がある」、「そういうお前はどうなんだ」「このデータは嘘だ、欧米諸国の陰謀だ」「嫌なら出ていけ」しまいには「失せろ韓国人」などと思考停止して人格攻撃・論点すり替え・無意味なレッテル貼りに走るのである。

 さて、「嫌なら出ていけ」と書いたが、これは自国が批判されたときだけである。なぜか彼らは「お互い様」というフレーズが頭にないらしく、他国は思い切り誹謗中傷する。こちらも根拠やデータの提示は一切ない。あったとして出所不明のネット情報くらいだ。昔は中国に対してもそうであったが、Shenzen地区の興隆やHuaweiの台頭によりやっと日本が没落していることに気が付いたのか一旦は落ち着いた。しかし、それすら認めたくないのか、下に見えそうなものを作ってたたき出したようだ。その対象が韓国である。誹謗中傷の具体例として「韓国人臭い」「キムチを食べるのは低所得者」(日本文化チャンネル桜での発言)などがある。もはや批判の体をなしておらず、ただのウンコ投げ競争と同じレベルだ。いや、それより程度が低いか。

 ちなみに、韓国は急成長しており、やはり日本を追い抜くことが期待されている。例えば、理工系研究開発分野*1では、韓国科学技術院(KAIST)が急成長しており、発表論文数で東大を追い抜いている。で、世界大学ランキングでやはり東大含め日本の全大学を抜いた。これからは、研究開発分野だけでなく、製造など他分野でも日本を追い抜かしていくことが期待される。

f:id:fuckjapaneseculture:20190630003554j:plain

韓国科学技術院(Korean Advanced Institute of Science and Technology,KAIST)

 

 大衆&権威&伝統を無条件肯定

 そして、普通の日本人に見られる性質として、なぜか大衆が絶対正義と妄信してやまないことが挙げられる。確かに、思考バイアスがかかっておらず、十分に思考・行動能力がある人たちが独立に考えれば、自然現象のプロットが正規分布に従い、その平均・最大値が真の値といえるように、最大人数の考えが正確であると言えよう。しかし、日本人の場合教育の成果(?)やメディアの構成*2により思考・行動能力が完全に欠如している。従って何者かが悪意をもって操ろうとした場合それに容易に乗せられる。また、日本人は特に周りの考えに乗せられやすい国民性であるため独立に考えることもできない。*3さらに、その割には権威によって思考バイアスがかけられているため考えも偏っている。これらの理由により、大衆がいるところを目指しても、そこは偏向した考えしかなく、真に正しい考えではないのである。

 また、権威の言うことも疑ってかかることができないのも日本人の性質である。自分で考えることをやめ、権威が決めることだからと丸投げする。だから権威の決めたことはすべて正しい、与党政治家はすべて正しい、などと勘違いをするのである。当然権威が流したデマやプロパガンダも簡単に信じる。これが一般的に自民党が長期政権を担い、ほぼ一党独裁となったり、日教組だけ叩かれて清和活動研究会はスルー*4だったりした理由と考えられる。

 伝統についてもなぜか変えようとしないのが大人といわれる普通の日本人のヘンテコなところである。例えば、天皇の合理的存在意義を聞いたときは、「学校で帰納法を習いましたか?」などと言いだす。おそらく数学的帰納法だと思われるが、そもそも初期状態の正当性証明ができていないため、そもそもこの仮定が成り立たない。これは年齢主義といった儒教文化にも当てはまる。これらはいずれも、ただ何年も続いているだけで、それが真に正しいとは限らない。ちなみに、先ほど嫌韓の話が出たが、文化のうち韓国の者を継承しているものも多くある。嫌いならさっさとその文化を変えればいいのに、なぜかあれこれ理由をつけてやらないのが普通の日本人である。

  

バラエティ番組&日本・自民党礼賛メディア以外は理解できない

 バラエティ番組やワイドショー、エンタメといった、ただ芸能人がどうでもいい内輪ネタばかり話し、何の有用な知識にもならない番組しか理解できないのが普通の日本人だ。真面目なニュースや教養番組は全く理解ができない頭なのが日本人である。同様に、陳腐な日本礼賛番組が大好きなのも普通の日本人の特徴だ。ただトイレから水が出ているだけなのにやたらそれを持ち上げる。ただ外国人が「へー、すごいね」と社交辞令程度の反応を返した際も「素晴らしい!こんなものウチにはない」などと過度に誇張する。ジャロに通報した方が良さようなものばかりだ。

 同様に、自民党礼賛メディアが大好きなのも重要な性質だ。根拠のない誹謗中傷やら昔のことを過度に蒸し返した非難、無関係なことを結びつけるなどで、過度に他の政党を誹謗する。だとすると自民党も当てはまることも多数あるが、なぜかそちらは誹謗されない。

 これは、おそらく普通の日本人のニーズであろう。現に、それをくみ取ったような記事構成ができているものもある。それがYahoo! JAPANだ。

 

だったら大人になりたくない。中二病でもいいや

 以上が、「自称・普通の日本人」が言う「大人」の定義だと推測される。結局大人というのは、どんな不都合があろうとも現状肯定し、逆に解決しようとするものの足を引っ張って自己満足し、不安を紛らわすため思考停止してエンタメや八つ当たりに走るものだ。こんな大人を見ていると大人にはなりたくないって常々思える。むしろこういう大人は社会の害悪でしかない。

 彼らが我々のことを中二病というのであれば、むしろそちらの方がよい。中二病と呼ばれる人たちは現状に問題があれば絶えず思考行動し社会をよい方向へもっていくことができる人たちであるからだ。

*1:人文・社会科学系分野は日本の方がずっと上だ、などと愚にもつかない反論をする人がいるので、ここで断っておくが、最近最近だと政府側がこういった分野への助成をやめるよう提案し、実際にそうしているため、こちらも衰退していることを追記しておく。

*2:エンタメやワイドショー、バラエティ番組の比率が高いことを指す。

*3:要するに、マルチ商法と同じことが起こっている、というわけ。

*4:体罰問題。特段日教組系教員だけが体罰をふるっていたわけでなく、清和活動研究会系の教員もそうであり、むしろこちらの方が体罰を肯定していたため、より多く体罰を起こしていたといえる。なお、筆者は体罰を肯定しているわけではないことを付記しておく。