Fuck Japanese Culture!!!

最近各種メディアでは執拗な日本礼賛がブームとなっている。そこで、ここではあえて日本文化の問題点を取り上げ、それについての批判を行う。

自民党には「令」は守れても「和」は守れない

 なんだか平成に次ぐ元号が決まったらしい。意味を見るとなんだか今の日本とも日本が目指しているところともかけ離れている気がする。

元号決定

f:id:fuckjapaneseculture:20190401195758j:plain
 天皇が体にガタが来たのか、ボケなのか知らないが生前退位するに伴い新元号が制定されることになった。私がインターンシップをしているところ含め海外の企業は西暦を用い合理的に事を済ませているが、それとは異なり、君たち愚かな日本人どもはそんなことごときで騒いだり*1原宿の占い師に褒めさせたりしている(まぁ、批判するとバカウヨどもが電凸してくるから褒めざるを得ないのは仕方ないね)。*2世界の主要ニュースをガン無視してまで。*3
 さて、そんな中私に新元号に関するニュースが入ってきた。新元号の名前は…レイプ、いや松本麗華じゃなくて竜宮レナ…嘘だッ!「令和」だ。BBCによれば「令」は「命令する」で「和」は「平和、調和」という意味だという。前者はともかく後者はなんだかエイプリルフールの悪ふざけ*4で行っていると感じさせるくらい今の現状や日本が行き着くであろう青山とはかけ離れている気がする。
www.bbc.com

「令」は喜んでするだろう

 先述の通り、「令」は命令することらしい。これは自民党はお得意であろう。命令の結果どうなるかを考える力はないようだが。それに、できる命令は大体決まっている。せいぜいアメリカ様や経団連様に逆らえないから、そのご機嫌取りをするためだけに「令」を出すとこだけならできるようだ。欧米と違って国民は奴隷根性とマゾヒズム特性を余すことなく発揮して忠誠し、おまけにそのクダラナイプライドが許さないのか、強者気取りでいる。だから国民のことなんか考えた「令」は出さない。考えてすらいないんだろうけど。

「和」は無理だろう

 さて、2文字目「和」は「平和・調和」という意味だそうだが、どう見ても自民党に実現できそうにない。集団的自衛権を認め、衆議院改憲可能な2/3の議席を獲得し9条を廃止しようとしていることを鑑みると、どう見ても「平和」から遠ざかっているようにしか見えない。
 「調和」についても同様だ。先述の通りアメリカ様には逆らえない。北方領土を取り戻すといっておきながらやっぱりロシア様にも逆らえない。それは調和とは言わず、「隷属」というのだが、弱虫安倍ちゃんには仕方ないか。一方で調和というのは「衝突」がないことであるはずなのにお隣の国といつもドンパチしてる。先に占領して女性を性奴隷にしておきながらそれを棚に上げて一方的に非難する。自分勝手もいいところだ。
 したがって、この国の現状も、政権の考えから見るこの国の未来も「平和」でも「調和」でもない。むしろそれに逆行している。そんな国に調和も平和もあるか。この状況を改善してから言えよ馬鹿どもが。

どうせ騙したいんだろ

 とまあ、「令」はともかく、「和」は今の日本には早すぎる。そこを気にせず堂々と宣言して、簡単に国民を騙せてしまうあたり自民党の議員らしいが。まぁ国民もそれにつられて騙されるよな。頭空っぽだもの。ある意味でこの国では国民は政治家のいいカモだよ。

*1:私の元号に対する見解はこちら。→元号なんて非効率の塊なんだって - Fuck Japanese Culture!!!

*2:これ、なんとNHKがやった。ワイドショー化してないか?

*3:有名どころでは、トルコのエルドガン大統領率いる与党が選挙にて敗北したり、金正男氏殺害の件で死刑を回避できたり、といったところ。

*4:なお、私はエイプリルフールネタをブログに投稿するのは控えようと考えている。